美意識の高いアルバイト

人気記事ランキング

ホーム > 美容 > 癒しのスパイクナード

癒しのスパイクナード

私がまだ独身で仕事をしてい頃、 色々なストレスで落ち込んだり体調を 崩すことが多くて、たまたま近所に あったアロマショップによく通っていた。 小さな小さな遮光瓶に入った精油は 決して安いものではなくて、 毎月お気に入りの香りをみつけては 1本ずつ購入し、コレクションを増やして いくのが当時の私の趣味であり、 楽しみであった。 そして何より、そのショップに漂う 優しい雰囲気と、何種類ものアロマが 混ざりあったなんともいえない複雑で 繊細な香りはなによりの癒しだった。 やがてアロマの魅力にとりつかれた私は そのショップが主催するワークショップ にも参加するようになった。 そこで出逢ったのが「スパイクナード」 だった。 聞いたこともない名前。 でも、その香りを嗅いだ瞬間、私は 軽くショックを受けた。 フローラル? - ちがう。 ハーバル? - それもちがう。 シトラスともちがう。 でもすごく懐かしい。 しっとりしてるけど、青い香り。 陽気じゃないけど、優しい香り。 なにより、すごく人間くさい。 人の体温の匂いだ。 亡くなった祖父と祖母の家を なぜか思い出した。 このときから、スパイクナードは 私のNo1になった。 オミナエシ科の植物の根からとれる その精油は古代から貴重なもので あったらしく、マリアがイエスの足に 塗った精油として、聖書の中にも登場 するそうだ。 結婚・出産し 、家事と子育てに毎日 追われている今でも、ふと突然 スパイクナードの香りを嗅ぎたくなる ことがある。 人の体温の匂い。 これで安心する私は根っからの寂しがり屋 なのかもしれない。 美容サプリ 湘南美容外科